HOME>アーカイブ>脳内を刺激することでホルモン成長を促します
鍼灸

脳内刺激でホルモンを出す

肩こりや腰痛など日常的に起こることから、スポーツでのケガからの復帰を考える際に鍼灸治療を行う人も増えています。鍼灸師が針を使って治療をするのですが、経絡などを理解して専門の知識の元に痛みをとったり疲労回復を促したりしてくれますが、いまいちわからないことも多いです。ではなぜ針を刺すだけで治療ができるのかというと、脳内を刺激してエンドルフィンなどのホルモンを出すことができるようになります。そうすることで痛みの物質を取り除き回復までの治療を進めることができるのと、保険治療ができるのも特徴です。今では筋力トレーニングなどのアドバイスをしている治療院もありますし、様々なサービスをもって顧客満足度が高くなっています。

食事やアルコール

初めて鍼灸師にお願いする場合には気をつけたいのが食事で、血流の調整などがされるのですが基本的に胃に血流が集中することがあります。その為に食後すぐだと胃腸の調子が活発になって、逆に調子が悪くなる可能性があるので、施術する1時間前までには食事は済ませておくことがベストです。同じようにアルコールなども体内に残っている状態だと、むしろ治療したい筋肉や器官にダメージを与えてしまうので気をつけないといけません。

睡眠をとっておく

忙しさから疲れが取れないということがありますが、実は睡眠不足によって治療が妨げられる可能性もあります。多少の寝不足であれば問題はありませんが、これが数日間の徹夜などしている状態だと寝不足によって、鍼灸師の効果を発揮することができません。ある程度の睡眠を十分にとっておくことで、治療ができますし、効果を実感できる体制になるといえます。また激しい運動をした後なども治療を受けるのは避けた方が良い状態で、心拍数が上がっていたりする人は、下がってから落ち着いた状態で施術を受けることです。

内部1テキストリンク1

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-1

内部1テキストリンク2

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-2

内部1テキストリンク3

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-3

内部1テキストリンク4

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-4

内部1テキストリンク5

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-5